スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の日は 雨を愛さう

2014.12.14 22:41|LIFE
雨の日は 雨を愛さう。

風の日は 風を好まう。

晴れた日は 散歩をしよう。

貧しくば 心に富まう。


大事な友人が7日、亡くなりました。
博学な彼女には本当にいつもいろんなことを教えていただきました。
不義理していた私ですが、久しぶりに逢っても変わらずにいつも楽しくおしゃべりをしてくれて。
癌がわかって一年と少し、彼女はいなくなってしまいました。
もっともっとたくさん、話をしたかったです。
友達づきあいの下手な私にとって、一番近くに居る一番大切な友人でした。
まだいなくなったのが信じられません。

彼女が書いていた漫画の後記にあった言葉ですが、ここに一部転載させていただきます。

「死ぬということはそこから先は何もないこと。」というのは、亡父の言葉です。本人の言った通り、死んだ後、何のコンタクトもありません。夢枕にも立ちません。かと言って、思い出はなくなるわけではなく、亡き人を偲んで涙流れる夜もありました。それが残された、生きている人間の役割なのかもしれません。そして、その人が生きていたことの意味なのかもしれません。誰かに覚えていてもらう。思い出してもらう。たまにはいいではないですか。天上の星など見上げつつ、一献傾ける夜があっても。


まだ私も涙します。
思い出して悲しむこともあるでしょう。
冒頭の堀口大學の詩は彼女に教えてもらったもの。
すべてをそのままに、悲しむことも楽しむことも、
素直な気持ちで受け止めて生きていきたい。

本当にすばらしい人でした。


スポンサーサイト

あけましたおめでとうございます2014

2014.01.04 18:27|LIFE

食べたもの

2013.08.11 18:36|LIFE
20130811.jpg

保守アゲついでに^-^

残暑お見舞い申し上げます

2013.08.11 10:22|LIFE
cherry.jpg

保守アゲかねて。

台湾のアレじゃないパイナップルケーキ

2013.04.21 12:05|LIFE

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。